今回は、レーシックの手術後に起こる合併症の中でも、ものの見え方に影響する「ハロ・グレア現象」などについて説明してみたいと思います。

これは、過矯正のように、目に見える全てのものに対して影響を及ぼすタイプの合併症ではありません。

それに、一定割合の人がその症状を訴えますが、視力の安定と共に落ち着いていき、この後遺症がかなり長い間持続するということはあまりありませんので、一時的なものだと考えて良いでしょう。

 

ハログレアの症状

ハロ・グレア現象は、夜間や暗がりに置いての光の見え方や、そういった環境化における視力全般が低下するなどの症状として現れます。

まずハロ(ハロー)現象は、暗がりで蛍光灯や街灯のように明るいものを見たとき、その光の周囲が膨張しているような、ぼんやりした感じに見えます。

さらに、とても眩しく感じるのでそれまで以上に直視するのが苦痛なレベルであるとも言われています。グレア現象では、光の周りに輪がかかっているような、ぼんやり重なって見える症状が見られます。

これらのような後遺症・合併症が引きこされる原因として考えられているのは、角膜を削ったことにより収差が増えたことによるという説や、フラップが定着していないためそこで光の拡散がおきるなどの説があります。

 

事前に説明をしっかり聞いておくこと

手術の前に、適性検査において、ハロ・グレア現象のような後遺症が出る可能性があるのかどうかはある程度はチェックすることができます。事前に聞いておくのも必要かもしれませんね。

もし実際に起こったとしても、一時的なものですからあまり不安に思いすぎることもありません。しかし念のため定期検診などで担当医に報告などはするようにしましょう。

それから、夜間の車の運転などに支障が出る恐れはありますので、これに関しては特に注意が必要だと思います。事故の原因になってしまわないよう、症状が落ち着くまでは夜間の行動を控えた方がよいかもしれません。