■乱視の矯正は可能?

神戸神奈川アイクリニックでも、レーシック手術による乱視の矯正は可能です。乱視には種類があります。

・正乱視
角膜や水晶体の歪みによる乱視です。
基本的に、眼鏡やコンタクトで矯正出来る乱視はこの「正乱視」ですので、今現在眼鏡・コンタクト使用で問題のない人は正乱視だと思っていいでしょう。

・不正乱視
簡単にいうと、角膜や水晶体など眼球の一部組織がでこぼこになったりすることによって、光の屈折が歪んでしまう乱視です。
この不正乱視は多くがレンズ(眼鏡もコンタクトも)では矯正できません。

レーシックで矯正出来る乱視は、基本的には「正乱視」の方の乱視となります。正乱視でも強度乱視の場合は、クリニックによっては対応していなかったり、安いプランでは施術が受けられなかったりすることもあります。

不正乱視の場合は、角膜の表面の凹凸が問題の場合は、レーシック手術によって凹凸をある程度ならすことで矯正出来ることもあります。

水晶体に問題がある場合は矯正は難しいですが、適応可能な乱視もありますので、矯正手術を考えている人は神戸神奈川アイクリニックのカウンセリングで相談してみましょう。

あらかじめ口コミで、乱視矯正レーシックの評判を確認しておくのもいいかもしれませんね。

■レーシック技術進歩によって可能に

昔は、レーシックでは乱視は矯正出来ないと言われていました。しかしレーシックの技術は日進月歩です。現在では、正乱視の多くが強制可能だとされています。

特に、最新技術では眼球を三次元的にセンサーでとらえ、非常に精密な施術ができるようになっていて、複雑な矯正を行えるようになっています。

不安がある場合は、しっかりとクリニックに相談し、自分の目の状態や施術の方法を確認した上で、よく考えるといいでしょう。
乱視は近視よりも見え方の個人差が大きく、複雑なので、事前の検査もしっかりする必要があります。信頼をおけるクリニックを選びましょう。