神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けたいと考えた時に、子供や年配の方々は手術できるのか気になる所ですよね。

子供のレーシック

基本的にレーシック手術をを受けるのが可能になるのは20才以上になっています。病院によっては、18才以上なら手術を可能としている場所もありますが、20才未満は未成年のため保護者の同意が必要になっています。

しかし、それ以下の年齢の場合はレーシックを受けることはできません。お酒やタバコが20才以上が可能になっているのは成長を抑制してしまうからと言うことからもわかるように、20才未満の子供は成長期真っ盛りです。

成長期の子供は、眼の視力も上がったり下がったりと変動のある時期なので、この時期にレーシックをしてもせっかく取り戻した視力がまた下がってしまう可能性があります。

そのために、神戸神奈川アイクリニックでのレーシックは基本的に20才以上となっているので、小さな子供や思春期の子供も成人するのを待ちましょう。

年配の方のレーシック

それでは、20才を過ぎると制限なしにレーシックを受けることができるのでしょうか。実は年齢制限があり、60才ぐらいまでの方を対象としています。お肌や体力が老化していくのと同じで、眼も年齢と共に衰えています。

60才を過ぎると白内障の確率や眼の病気になる確率が増えるため、レーシックをするのが危険になってきます。そのために60才を目安としています。

もちろん眼に何の病気もなく健康的ならば60才を超えてもレーシックを受けることができます。

レーシックを受けたいと思った時に自分が対象年齢になっていないなら、焦らずにコンタクトレンズや眼鏡で対応し、20才になった時にレーシックをしましょう。

また、年齢と共に急激な視力低下はあまりないので、既に視力低下していてレーシックを考えている方は、眼が健康な内になるべく早めにすることをお勧めします。