フラップとは

レーシック手術では角膜を削って視力を矯正しますが、もうひとつのポイントが、最初に角膜を薄く削いで「フラップ」(蓋)を作る、というところです。

フラップを作ることで、角膜の保護をしっかりと行って感染症などから防ぐという意味もあります。このフラップをどういう薄さで作るか、どういう手法で作るかなどで様々なレーシックの手術法があります。

フラップがずれる?

・手術直後

レーシック手術の直後は、フラップがまだしっかりと固着していないため、軽く擦っただけでもずれる可能性があります。

たとえば、擦り傷などで一部剥けた皮膚を戻してバンドエイドを貼っておいても、擦るとずれてしまうことがありますよね。そんなイメージと同じで、組織が再生して癒着するまで、フラップはとても弱いものなのです。

それを保護するため、術後は1週間ほど、保護眼鏡をかけて就寝します。ゴーグルのようなものです。眠っている間に目を擦ってしまうのを防ぐためです。
フラップは衝撃に弱いので、激しい運動も、1月後までは禁止です。

・癒着後のフラップは?

1月以上たってしっかりと癒着したフラップは、目を擦ったり、多少の運動ではもう影響を受けませんので、日常生活には問題がありません。

ただ、やはり極度の衝撃には弱く、交通事故の衝撃でフラップがずれてしまったというケースがあります。その場合も、クリニックでフラップの位置を戻してもらえますので、特に大事に至ることはありません。

もし日常的に激しい運動や、格闘技などを行う場合は、もっとフラップ剥離のリスクが高くなります。こういう人は、レーシックよりもLASEKという矯正法がおすすめです。フラップが最終的に元通りに癒着するので、レーシックよりもずっと強度があります。