遠視の治療

遠視とは、遠くが見えにくい近視とは反対に、遠くの方はよく見えるけれども、近くはぼやけてよく見えない状態のことです。

通常人間の眼は、眼に光が入ってくると、角膜や水晶体によって屈折します。そして、網膜でひとつに結ばれるようになっています。それが、遠視の場合では、網膜よりも後の方で光が結ばれてしまう状態になるのです。

つまり、遠視とは、眼に入った光が屈折する際に、異常が起こっているということになります。遠視のこのような状態は、度の強いメガネをかけたような状態と同じです。そのため、遠視の人は、常に肩こりや頭痛などが起こりやすい状態だと言えるのです。

遠視を治療するには、異常が起っている光の屈折率を変えなければいけません。そのため、一般的には、遠視用のメガネやコンタクトレンズによって矯正します。

しかし、最近ではレーシックによって、遠視を矯正する方法も注目を集めています。

遠視もレーシックで治せるのか

最近では、レーシックによって遠視を矯正する方法も注目を集めているため、レーシックを希望する遠視の人もいます。しかし、日本においては、遠視の人はどちらかというと少ないために、レーシックの手術によって遠視を矯正する人も少ないようです。

しかし、最近は海外において、レーシックの手術によって遠視の矯正が有効であるということが、多く報告されているようです。そのため、日本においても、レーシックで遠視を回復させたいという人も増えてきているのです。

ただ現段階において現実的には、レーシックによる遠視治療には、まだまだ限界があるようです。そのため、遠視の症状が強い場合は、レーシックの手術による遠視の矯正は難しく、一般的には、中等度の遠視が限界のようです。

遠視のレーシック

レーシックの手術とは、角膜を削ることによって、屈折率を変えて視力を回復させるものです。では、遠視のレーシックの手術と近視のレーシック手術とでは、どのように違うのでしょうか?

それは、近視では角膜の表面を削ることによって屈折力を弱くするのに対して、遠視では、角膜の周りを深めに削ることによって、角膜の中心部を盛り上げて屈折力を高くすることによって、視力を回復すると違いがあります。