神戸神奈川アイクリニックで行われているアイレーシックやZレーシックなど、様々な種類のレーシックがあります。これらは大きく区別すると「イントラレーシック」の一種です。

イントラレーシックとは

イントラレーシックとは、角膜にフラップを作る際に、イントラレーザーを使って行うレーシック手術です。このレーザーを「イントラレーザー」と呼ぶため、これを使ったレーシック手術もイントラレーシック手術と呼ばれています。

これに対して、マイクロケラトームという機械を使ってフラップを作るレーシックを「ケラトームレーシック」と言い、一般的にただ「レーシック」と言う時はこのケラトームレーシックを指す事が多いです。

アイレーシックとZレーシック

神戸神奈川アイクリニックで人気のアイレーシックもZレーシックも、イントラレーシックの一部ですので、レーザーを使ってフラップを作ります。この時にどのようなレーザーを使うかによって、「アイレーシック」や「Zレーシック」などの細かい名称に分かれていくのです。

メリットとしては、どちらもイントラレーシックの発展系ですので、フラップの断面がきれいでハロやグレアといった副作用の低減、手術時間の短縮による目の負担への軽減、などがあります。

・アイレーシック

アイレーシックというのは、アボットグループというメーカーのレーザー機器を使ったイントラレーシックです。

アイレーシックの特徴は、特に、フラップを作るレーザーだけでなく、その後に角膜を削るレーザーもメーカーや機器が決まっているということです(ビジックスSTAR S4IRというエキシマレーザーを使用します)。

・Zレーシック

Zレーシックでは、フラップを作る時にZiemer社のレーザー機器を使います。アイレーシックと違うのは、その後角膜を削るエキシマレーザーにはどんなレーザー機器を使ってもいい(特に規定がない)ところです。

そのため、Zレーシックを受ける際には、エキシマレーザーに使っている機器が最先端の物なのかどうかを確認しておくといいでしょう。機器の名前を聞いてもまずピンときませんが、検索すればいつ発売された機器なのかぐらいはわかりますよ。。